クレジットカードの海外旅行保険とは!?簡単にご紹介!!

クレジットカードに海外旅行保険が付いてる!?

クレジットカードでは海外旅行保険が付帯されているカードがあります。

この記事では、一般的にどのような保険が付帯されているのか、用語の解説も踏まえご紹介していきます!

ちなみに、カードによって付帯されている保険の種類や金額が異なり、年会費が高いほど保険が充実していることが多いです!

どんな保険がついてるの?ケガ?病気?盗難?

クレジットカードの付帯保険として以下の保険が付帯されていることが多いです。

  • 傷害死亡、後遺障害

旅行中のケガが原因によって死亡してしまった場合、後遺障害が発生した場合に適用される保険です。

  • 障害治療費用

旅行中にケガを負ってしまった場合の治療費用として適用される保険です。交通事故にあってしまった場合などが多いですね。

  • 疾病治療費用

旅行中に病気になってしまった場合の治療費用として適用される保険です。

  • 携行品損害

自分の持ち物が盗まれたり、壊されたりしてしまった場合に適用される保険です。海外ですとスリも多いため付いていると安心ですね。またスーツケースがを空港で預け、受け取る際に壊れていた!なんていう場合にも適用されます。

  • 航空便遅延保険

文字通り、飛行機の遅延や欠航などで負担した一定の費用を補償する保険です。上記の保険と比べあまり付帯されていないケースが多いです。

利用付帯!?自動付帯!?どう違うの?

クレジットカードによって「利用付帯」、「自動付帯」と明記されています。どう違うのでしょうか?

  • 利用付帯

利用付帯とは、旅行前に、今回の旅行に関する費用をクレジットカードで支払った場合のみ対象となります。旅行代金だけではなく、空港までの電車やタクシーの費用でも対象になることがあります。旅行前にお持ちのカード会社にて確認してみましょう。「〇〇カード 海外旅行保険」などで検索するとヒットすると思いますよ!

  • 自動付帯

自動付帯とは、利用付帯とは違い、持っているだけで対象となります。事前にクレジットカードの支払いや手続きなど必要ないため楽でいいですね。

「年会費無料で自動付帯の保険があるクレジットカードはないの?」とお思った方、エポスカードがおすすめです。エポスカードの詳細は💻こちらをご覧ください。

日本語で対応!?サポートデスクとは!?

万が一、海外旅行中にケガを負ってしまったり、病気になってしまった際などに、24時間365日日本語にて対応ができるサポートデスクが備えられている場合があります。病院の紹介や、治療費の支払いに関する相談など様々なサービスを受けることができます。

まとめ

クレジットカード付帯の海外旅行保険について簡単にまとめてみました。海外旅行に行かれる際は事前に対象の保険を調べておくとよいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です